想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

日本食ディナーが○○円で売れました!

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

4月15日(日)

 

AAUWが主催する「ワイン&チョコレート」イベント当日。

 

↓このイベントについてはこちらの投稿もどうぞ↓

わたしが作る日本食がオークションに!?

 

事前に購入していたチケットを持って、会場の中へ。

丸テーブルと椅子が並べられ、テーブルには、会員の方が

用意したフラワーアレンジメントが飾られている。

手作り感があって、いい雰囲気。

 

そして、そのテーブルを囲むように、窓側の壁に沿って、

オークションの品物がぐるりとディスプレイされている。

品物にはそれぞれベッティングシートと呼ばれる

用紙とペンが置いてあり、そこにオークションスタート価格と

実価格が書いてある。

これを見ながら、その品物が欲しい人は自分の名前と値段を

自由に書き入れていく。

 

各テーブルに締め切り時刻があるので、その時刻になったところで

テーブル上の品物のオークションは終了となる。

 

自分で確認して、もしその品物を競り落とせていたら、ベッティングシート

を持って受付へ。

 

支払いを済ませてそのレシートをもらい、担当の人に確認してもらいながら

品物を受け取って帰る、という仕組みになっている。

ガーデニンググッズとか、花瓶。

わたしが作った、ちょっとアジアンテイストなバスケット。

ドラゴンフライ(トンボ)バスケットって名前が

ついてた。

ネーミングが独創的。

 

会場にはワインバーもあり、皆さんワインを片手に品物を

見て回ってる。

ちょっとしたオードブルも提供されていて(これは、Tillamookで

人気のレストラン、パシフィックレストランのオーナー、ニアリアさん

がメンバーの一員ということもあり、破格で提供してくれたとのこと)

ウェイターさんが、プレートを持ってテーブルに回ってきてくれる。

このクラブケーキ(左側)がめちゃくちゃ美味しかった!

 

一昨日の夜、ニアリアさんのお店に行って、ナンシーとディナーを

食べたんだけど、それもすごく美味しかった。

 

会えないかなぁと思ってたら、会場にニアリアさん発見。

 

自己紹介しに行って、「金曜の夜レストランにも行って食べたんだけど

すごく美味しかった」と伝えたら喜んでくれた。

 

すると、そばにいた他の会員の方が「彼女が日本食ディナー(をオークション

に)寄付してくれたのよ」とニアリアさんに言ってくれた。

 

「えー!素晴らしい。あなたの滞在中に、私とも何かディナーやりましょ。

寿司ディナーか何か。」と誘ってもらえた。

やったー!実現できたら嬉しいなぁー。

 

オークションには、たくさんのギフトサーティフィケイト(商品券)

も寄付されていた。

カヤックアクティビティー券、とかレストランのお食事券、

美術館のチケットなど。

私とナンシーも「アフタヌーンティーができるレストランのチケット」

と「AIR Museum(航空博物館)のチケット」に値段を書いておいた。

 

競り落とせるかしら?

 

そして、イベント後半で行われる口頭でのオークション商品のテーブル

をチェック!

 

ありました!!わたしの日本食ディナーご招待券!!

強気の350ドルスタートになっております!!(笑)

6名さま 3万5千円!?

 

実価格は500ドル!?

6名さま 5万円!?

 

いいんでしょうか?

いいんです!!

 

チャリティーですから。

 

うーん、売れるのかしら???

ナンシーと話してたときは「たぶん150ドルくらいだと思う」

って言ってたので、スタート価格を(最初は4万円って言ってた)

350ドルにするって聞いたとき、二人して「すごい価値がついたねぇ!」

と驚いた。

 

そして、「皆さんに美味しく食べてもらうために。。。。

そうだ、高級食材を使うことにしよー(笑)」と決めた。

ビーチサイドの街だから、新鮮シーフードでおもてなし。

 

地元のジャズバンドの演奏を聴きながら、皆さんリラックスした

様子で食べたり飲んだり。

おしゃべりしながら、オークションの品物を見て、値段をつけていく。

ワイン&チョコレートというだけあって、デザートも豊富。

ナンシーの親友、フィリスさんも「トリュフ300個作ったわ。。。」

と、もうイベントが終わるころにはクタクタになってたけど、

そういう会員の皆さんの頑張りがすべて詰まってるこのイベント。

そうこうしているうちに、口頭オークションが始まった。

この方がオークション司会者。

 

寄付された絵画とか、手作りの大きなパッチワークとか、

いろんなものが競り落とされていく。

 

パッチワークでは、去年も競り合ったという女性二人が

お互いの顔を見ながら、少しずつ値段を釣り上げていく。

 

もうこれ以上は無理かな。。。

というタイミングで、去年競り落とした方の女性が、

 

「去年はわたしが勝たせてもらったから。。。。

じゃあ今年は。。。。。

 

 

 

やっぱりわたしが競り落とすっ!!!!」

 

と勢いよく札を上げて、落札した。

 

喝采!!!

盛り上がるぅー!!!

 

イタリアンディナーご招待券なども競り落とされ、

いよいよわたしの日本食ディナーの番。

 

「日本人のMina Tokunagaが作る日本食ディナー!!」

てな感じで紹介されて、値段が少しずつ上がり、400ドルで

落札された。

 

わたしが作る日本食ディナー、4万円で売れました!

ご招待日時などは、これから、購入してくれた方々と相談することに

なるとのこと。

 

いぇーい!!

(試作&練習しなくちゃ(笑)頑張るぞぉー!)

 

 

 

このイベントの去年の売り上げは約8,000ドル。

ナンシーたちは「今年は10,000ドルを目指しましょー!」

とはりきっていた。

 

そして、今年の売り上げは。。。

 

なんと約15,000ドル!!!

 

3時間で約150万円。

 

さすがです。

やるぞ!!というパワーを感じましたもん。

会員の皆さま、女性のパワーすごいですねぇ。

 

メールで合計売り上げの連絡を受けたナンシーは、何回も

「ワーォ!ワオっ!」って言いながら喜んでいた。

 

中には「自分はもう物を増やしたくないと思ってるから、

オークションには参加できないけど、奨学金のために寄付を

したいので、受け取って欲しい」と受付に300ドルの小切手を

置いていってくれた方もいたとのこと。

 

大きい組織とかじゃなく、こういう地域レベルの規模で、

 

楽しみながら(これが大事だと思う)、

 

自分ができる形で、誰かの役に立ちたいという気持ちを持ってる人

がこうやって目の前にたくさんいるのを実際に見て、感じて、

 

アメリカ人の素晴らしいところだなぁ。。。

 

と実感した。

 

ワイン&チョコレート 楽しかったー!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.