想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

プロフィール

 
  2018/09/14

はじめまして。

ミナです。

2018年1月からこのブログを始めています。ブログの名前にあるように、

「旅するように暮らす LIFE!」

と想いのままに、好きなところへ行ける暮らしができないものかと

そんな生き方はどうすればできるんだー?と思いながら、日々を送っています。

 

このブログを始めたきっかけは、遡ること2017年の1月、

「えーっ!?そんなんでいいんですかーっ!?」

と、これまで頑なに信じていた、自分の価値観が

ガラガラっと音を立てて崩れたことから始まります。

 

少しでも興味を持ってくださった、そこの優しいアナタ!!

長文ですが、下記の詳細プロフィールを読んでいただけるとうれしいです。

 

ミナのプロフィール

徳永美那子(トクナガミナコ)

1972年 鹿児島生まれ

 

 

自然豊かな、東シナ海に面した薩摩半島北部の町で育ちました。

鹿児島と言えば、大好きな桜島(迫力満点の存在感と、躍動感がたまらない)

 

20歳までは鹿児島で過ごしました

 

英会話を教えていた伯母の影響で、

「いつか英語が話せるようになって、海外に行きたい!」という思いがずっとありました。

読む本は外国の物語、海外ドラマも大好き。

聞いた英語をひたすら真似して繰り返し、楽しんでました。

そして、現役での大学受験にことごとく失敗した時に,図書館で手にした1冊の本から

「日本語教師」という職業を知り、日本語教育が専攻できる大学の受験を目指しました。

結果はことごとく失敗。でも、日本語教師への夢が諦めきれず、鹿児島の予備校に通い

ながら再度、再々度と受験しました。粘った甲斐あり、2浪ののち、念願の大学に合格。

楽しい東京での学生生活が始まります。

 

大学生活はめちゃくちゃ楽しかった

 

なんせ受験生生活が長かったもので、大学入って、もう、すべてが楽しい!

学校のキャンパスを自転車で走りながら「あー、幸せだなぁ。。。」と

思ったのを覚えてます。

それまで持っていた「アレルギー性鼻炎、偏頭痛、偏食」が突然完治したくらい(笑)

人は幸せになると体が健康になるんだと思う、マジで。

熱気球サークルに入って、空まで飛んじゃってました。

 

日本語教師になったけど。。。

 

大学卒業後、オーストラリアでのワーキングホリデーを経て、東京で日本語学校に就職。

念願の日本語教師になったけど、やっぱり「海外へ行きたい!」という気持ちが抑えられず、

アメリカの中学・高校へ日本語教師を派遣するプログラムに参加。

アメリカ、コネチカット州の公立高校で日本語教師のアシスタントとして1年間過ごしました。

そして気づく。。。「わたし、日本語教師向いてないな」と。

 

文法を教えるのが好きじゃない(致命的!!)

 

地域の小学校に行って日本文化のクラスを担当したりするのは楽しかったんだけど、

教科書に沿って、日本語の文法などを教えるのが楽しくないということに

気づいちゃったのです。

 

任期を終了し、もう日本語教師は辞めよう、と思いながら帰国。

 

その後の仕事はこんな感じ

 

とりあえず日本に帰って働かなくちゃ、と英会話講師をしてたけど、改めて英語の勉強

したら、通訳の勉強がしたくなっちゃって、鹿児島から再び東京へ。

 

派遣の仕事しながら通訳学校に通ってたら、仲良くなったクラスメイトが転職フェア

に誘ってくれた。「面白そうだなぁ」とついていったところ、外資系の商社で社長室

の仕事が見つかり転職。

 

数年後、友達から「こんな求人あるけどどう?」ともらったメール。

ITコンサルティング会社の社長秘書。

転職する気はなかったけど、面接に行ってみたら社長の話が楽しくって思わず転職。

 

そしてITコンサルティング会社での仕事が数年経った頃、転機がやってきました。

 

幸せとは何か?

 

仕事にはそんなに不満もなく、十分なお給料もいただいて、欲しいものは割と自由に買える。

海外旅行にも行けてたし、なんというか、生活には満足していたんです。

 

でも、何かが満たされない。。。

 

キャリアアップを目指してセミナーに行ったり、趣味のお稽古事を始めたり、

いろいろやってみたけど、なんだかしっくりこない。

そんなとき、バリバリ仕事できて、素敵な人だなぁと思っていた職場の上司から、

あるヒーラーさんが書いた本をいただきました。

興味を持ったわたしは、そのヒーラーさんに会いに行くことに。

 

人生の転機到来。

ここから、精神世界を学び始めます。

 

8〜9年間、模索の日々が続きます

 

この間、価値観がどんどん変化していきました。

ヒーラーの先生のところへ定期的に通いながら、

「すべての出来事には理由がある」

「原因と結果の法則」

と、自分を見つめ続けました。

 

これまでの仕事を辞めて、介護の仕事を始めました。

 

毎日起こる出来事から、自分の欠点と向き合い「自分を変えたい」と思い続けました。

わたしにとっては、とても大事な時間だったけど、

苦しい時間でもありました。

 

これらの日々については、こちら↓にまとめました(まだ途中)

わたしが旅に出るまで ①ーはじめにー

わたしが旅に出るまで ②ーヒーリングに出会ったときの話ー

わたしが旅に出るまで ③ー価値観の変化ー

わたしが旅に出るまで ④ー自分と向き合うー

 

しかし、結果的に、数年後わたしはそのヒーラーの言動に矛盾を感じ始めます。

悩んだ末、

「ここで学ぶのはやめよう。。。」とヒーラーの元を離れました。

 

想いのままに生きる

 

ヒーラーから離れ、ある意味その教えに依存していたわたしが、依存から自立したとき、

そこには素晴らしい景色が待っていました。

 

「ありのままの自分でいいんだ」という安心感と喜び。

 

自分を否定し、他人を否定し続けた数年間を経て、「この世に生きるってなんなのか?」を求め

た私にとって、今まで悩んだり、苦しんだりした時間があったからこそ辿り着けた答え。

 

「いま、この瞬間を生きる」ことへの感謝の想いでした。

 

大げさかもしれないけど、それくらい幸せな気分が溢れてきたんです。

 

あー、いろいろ苦しかったり、悩んだりしたけど、結局は、なんでもよかったんだなぁ、と。

正解とか、間違いとか、そんなものはなくて、そのときそのときを精一杯、自分の好きなように

道を選んでいけば、それだけで十分ってことなのかー、と。

そう気づいた瞬間でした。

 

そして「これからは自分の想いのままに生きていこう」と決めました。

 

行きたいところへ行き、やりたいことをやって、会いたい人に会う。

 

そして、2018年1月から

「なにも決めずに、海外をひとり旅しよう」

と、バックパックを背負って、旅を始めました。

素晴らしい出会いと瞬間の連続でした。

(6月に一旦帰国、8月は1ヶ月のヨーロッパ一人旅、今後は未定)

 

いま、想うこと。

 

 

「想いのままに生きる」ようになってから、自然と

「自分に必要なもの」がわかるようになりました。

 

人間関係、持ち物、(世間の)常識。

 

ミニマリズムという考え方も大好きです。

 

人生はシンプルに、みんなそれぞれ、楽しく生きればいいのだー!

と思っています。

 

何が起こっても、それがわたしの人生。

楽しければそれでOK。面白ければ、それでOK。楽しくなくても、それまたOK、なのです。

 

 

もし、以前のわたしみたいに、何かが満たされない日々を送っている方がいらして、

このブログを読み、何かを感じ、自分の想いに気づくきっかけになれたら、

 

そうなったら嬉しいなーと思っています。

 

いまこの瞬間、どんな想いですか?

 

ヒマがあればそんなことを感じて過ごしています。

 

長々と読んでくださって、ありがとうございました。

 

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.