想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

【散歩におすすめ】地元の人たちに愛されるトレイル Kilchis Point in オレゴンコースト

 
  2018/06/22
WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

Tillamook(ティラモック)のダウンタウンから、オレゴンコーストを南北に走る

101号線を北上すること約10分、左に1本入った道を10秒ほど行くと、

ここKilchis Point(キルチズポイント)の入り口に着く。

 

ここは、保護されている森で、地元の人たちがお散歩によく来る場所。

 

昔は森の中に細い道がやっとある、みたいな感じだったらしいけど、

この4・5年で、地元の人たちの協力により、歩きやすい小道へと整備された。

 

入り口には説明書きの看板があって、来訪者は名前を書けるように

紙と鉛筆が置いてある。

ちょっとした駐車スペースがあり、トイレも完備。

トレイルに入る前に、まずは注意書き。

 

景観や植物、動物たちを守るために、

 

やってはいけないこと

ー狩猟や釣り

ー木の伐採

ーキャンプや駐車しての寝泊まり

ーキャンプファイヤーなど焚き火

ー穴を掘ったり金属探知機の使用

ートレイルへのエンジン付き乗り物の使用

 

犬を連れて散歩させる人もたくさんいるので、ところどころに

こんなものも設置されている。

犬のフン、後始末袋とゴミ箱。

至れり尽くせり。

 

だいぶ暖かい日も増えてきて、たんぽぽ。

いくつかのルートがあって、奥へ進むと海に出る道もある。

雨の多い地域だからか、この辺のトレイルを散歩していると

多くの木がこういう苔に覆われている。

 

しっとり。。。

 

苔ってなんか可愛いよね。

触るとホワホワしてる。

 

葉っぱもツヤツヤ。

 

朝方降ってた雨の露がコロコロ。

 

トレイルのところどころにはベンチや、動植物の説明などが書いてある看板が

設置されている。

 

これが、いろんなところにあるので、高齢や、長い距離を歩けない方も

休みながら散歩を楽しむことができるようになっている。

 

興味深いのが、それらが全て、寄付されたものということ。

ここを散歩するのが好きだった方が亡くなって、その子供たちとか

ご家族が、思い出にこうやってベンチを寄付したり、

誰かの誕生日に寄付したり。

 

中にはこんなのもあった。

 

ここを一緒に散歩していた犬の思い出に寄付されていたもの。

 

「モジャモジャでブロンドで大きくて、

子羊のように優しくて。

 

琥珀色の瞳

大きく笑ってるような笑顔

そして喜びに満ち溢れたしっぽ

 

いなくなってすごく寂しいよ、フリップ。」

 

 

この場所で、たくさんの時間を、共に過ごした人や

動物に対する想いが、こうして表現されている。

 

ワイン&チョコレートのときもそう思ったけど、

 

↓ワイン&チョコレートの投稿はこちら↓

わたしが作る日本食がオークションに!?

日本食ディナーが○○円で売れました!

 

想いを形に表現するのが上手な人たちだなぁ、と思う。

 

前回来たときには、この地域に住むネイティブアメリカンの方が

小道の整備をしていた。

(このトレイルの管理の仕事をしてるとのこと)

 

そして「ほら、これ口に入れてちょっと舐めてみて」とその辺に

生えてた葉っぱの、小さい蕾のようなものを手にのせてくれた。

 

口に入れて舐めてみると、ほんのりミントのような感じで甘い。

 

「これはリコリッシュの仲間で、昔、ネイティブアメリカンたちは

喉が痛いときなんかにこれを舐めて、痛みを和らげてたんだよ。」

 

と教えてくれた。

 

地元の人たちに、大事にされているトレイル。

 

 

ちなみに、ティラモックのパイオニア美術館には、こんなものも

売っています。

 

キルチズポイント 小型犬用バンダナ(笑)

(モデルはミックスチワワのセルジオくんです)

ボランティアの方が作ってて、売り上げはドッグシェルターへ。

 

「犬足パトロール」だって。

かわいい!!

 

気軽なお散歩に最適な、キルチズポイント。

お薦めです。

 

↓場所はこの辺↓

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.