想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

旅の荷物 ミニマリスト向け

 
  2018/08/13
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

気まぐれなので、移動が多くなるだろうから、と

荷物を極力少なくしている。いまのところ、特に困った

ことはないので大丈夫みたいだ。

バックパックはMinaal Carry-on 2.0(ミナール)の35L

 

↓日本での購入方法についてはこちらの投稿をどうぞ↓

ミニマリスト向け ミナールバッグの購入方法

 

LCCの機内持ち込みにしているので、荷物は全体で7kgくらい。

そして街歩き用のサブバッグはコロンビアのボディバッグ

靴はアウトドアショートブーツ。

普段はほとんどサンダルを履いていて、移動の日とか

雨の日にはショートブーツを履く。

一番重さをとってるのがガジェット類

と言っても少ないんだけど、パソコン、ゴープロ(カメラ)

手持ち用3軸ジンバル(ゴープロ用)、三脚

ACアダプター類はまとめて青い防水ポーチに収納。

これで旅の動画を撮ってます。

 

それから、南国育ちの寒がりにとっての必需品。

ロングのライトダウンとストール

チェンマイの朝、このダウン着てバイクに乗ってたら、

タイ人含め、誰よりも厚着だった。。。

このストール!

チェンマイ市内で購入したんだけど、作りはいたってシンプル。

二つ折りにしたストールの両脇下半分が縫ってある。

シンプルだから、幾通りもの着方ができるってので

いろんな着方を見せてくれた。

こちらの女性が一つ一つ丁寧に作っている。

朝夕の涼しいときに羽織るのに最適。

 

寒い地域に行く予定はないので、洋服類はとても少ない

トップシャツが2着、パンツ1本、ジーンズ1本、レギンス2本

ワンピース1枚、カーディガン2枚、Tシャツ1枚、靴下2枚、下着を3着。

それを圧縮袋に入れてバックパックにコンパクトに詰め込む。

(ちなみに移動日はジーンズを履くと決まっている)

東南アジアは洗濯屋さんが充実していて、1kg 150〜200円くらいで

洗濯が頼める。

でも、私の場合、溜めるほど洋服を持っていないため、ほぼ毎日手洗い。

持参したスクラバウォッシュ

これに洗濯物とシャワーのお湯、石鹸(手作りのラベンダー石鹸がお気に入り)

を入れて、くしゃくしゃと洗う。

一緒に持ってきた洗濯紐を適当なところにひっかけて干すと、

手で絞ったものでも、湿気がないので数時間で乾く。

(雨続きだったマレーシアのホテルでは、エアコンの前に干していた)

物干し台がない場所ではこんな感じ。チェンマイの風に吹かれてます。

バスタオルはだいたいどこのホテルにもあるので、タオル類は日本手拭いが2枚だけ。

この速乾性と快適さ、今のとこ私の中ではこれがダントツ1位。

コスメ類も最小限。メイクはほとんどしないので。

シャンプーリンスは現地で小さいのを購入。

1回も使ってないコロンビアのレインポンチョと約100gの晴雨兼用傘。

街歩きには結構日傘を使ってます。

これいるの?って思うけど、「海外行くしぃー」ってノリで

買っちゃったトラベルピロー(首に巻く枕です)

機内は冷房効いてて寒いので、防寒にもなります。

そしてこれ!

こうやって、組み立てると

アイロン!無印のトラベルアイロン!

「荷物少ないのに、アイロン持参なの?」

ってフランス人の友達に「え?」って顔されたけど、

私には必需品。洋服は皺なしで着たい。。。

 

あとは、パソコンを持ち歩くことはほとんどなくて、

カフェでメールを書いたりするときに、スマホで打つのが

少し面倒。

ということで、折りたたみキーボードをスマホのモバイルバッテリー

と一緒に持ち歩いている。

 

 

ナイトマーケットとか、近所に買い物とか、本当に身軽な感じで

出かけるときはサブバックさえも重く感じるので、

財布(アブラサスの小さい財布)とスマホをポーチに入れて、肩にかけて歩きます。

 

荷物の多さは、不安の多さに比例する、って聞いたことがある。

私も、この荷物だって「雨の中びしょ濡れになりたくないなぁ」

とか「しわくちゃのシャツ着たくないなぁ」とか思って、

ポンチョだのアイロンだの持ってきてるんだけど、

ひどい雨の日は出かけないし(荷物持って長距離歩くとかしないし)

そもそもチェンマイ乾季だし(笑)

アイロンだって、ほとんどの宿泊先で借りられる。

 

結局、全部自分の価値観を表現しているんだなぁと納得。

全て繋がっている、面白い。

 

 

2018年8月からのヨーロッパ1ヶ月の旅の荷物についても書いてます。

(さらに荷物が少なくなってます)

↓よろしければ、こちらの投稿もどうぞ↓

ミニマリストが1ヶ月の旅に持っていく荷物

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.