想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

ミニマリストになって海外を旅するためにやったこと その3

 
WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ミナです。

平凡な生活をしていたわたしが、「ミニマリストになって海外を旅する」ためにやったこと

その3として、今回は

 

海外ひとり旅に必要なもの(テクニック編)です。

 

予定を決めずに、海外をひとり旅するって簡単に思っちゃったけど、じゃあどうすればいいの?

って海外に行くにあたって、最低限「これどうすっかなー?」と思ったのが

 

  1. 飛行機のチケットはどうやってとる?
  2. どこに泊まる?
  3. 家族との連絡は?
  4. 現地で必要なお金はどうする?

 

わたしがこれを具体的にどう準備したか?

 

ということで一つずつ書いていきますね。

 

飛行機のチケットはどうやってとる?

 

わたしが利用したのは、LCCと呼ばれる格安航空会社のチケットで、これはもうただ

「安いから」ってだけです。

ミニマリストっぽく、「機内持ち込みの手荷物」だけであれば、預かり荷物料金は必要ない

のでかなりお得な金額になります。

 

ちなみに10月中旬から1ヶ月くらいタイに行く予定ですが、鹿児島からチェンマイまでの

往復料金は37,000円でした。

 

どうやって安い航空券を探すかというと、

格安航空券の比較サイトスカイスキャナー

を使います。

 

ここの検索機能で、最寄りの空港と行き先を入力。

日付を選択するときに、「月全体」というタブがあるので、それを選びます。

 

こんな感じ↓

で、検索すると、その月全体でお得な金額の日付のところに、具体的な金額が表示されます。

 

こんな感じ↓鹿児島→チェンマイの片道料金が18,454円で見つかりました。

 

月全体で検索すると、1・2箇所くらいしか表示されないのですが、ここで詳細のフライトを

確認して、もし、そのルートで良さそうであれば、格安料金が表示されている同じ曜日

の別の日付を選んでみてください、。

だいたいそれと似たようなお得な料金でフライトが見つかります。あとは、自分の都合のいい

日付をいくつか選んで、その中から条件のいいフライトに決定。

 

わたしは毎回そうやって「次はどこの国に行こうかなー?」なんて思いながらチケットを

検索してました。

 

便利なのは、スカイスキャナーが各チケット購入サイトの中から、同じルートの同じスケジュ

ールで検索した結果を一気に並べて表示してくれること。

 

で、何回も利用していくうちに、「あー、このサイトが一番安いのね」と料金設定がお得な

サイトを知ることができます。

 

ちなみに、海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】

はよく使わせていただきました。

安い!

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-



 

どこに泊まる?

 

宿泊は、いくつかの検索サイトを試した結果、Booking.comに落ち着きました。

登録しているホテルの数が多いのと、値段も安いので。

行き先と日程が決まったら、すぐ検索

 

わたしの場合、事前にその国を詳しくリサーチとかしないで、行ってから予定決めます。

なので、宿泊先は最初の2・3泊だけ予約します。

雰囲気がよければ、フロントで延長したりしてました。

 

Booking.com

 

家族との連絡は?

 

これはスマホさえあれば大丈夫なわけで。

まずは、スマホを SIMフリーに買い換えました。

そして海外へ行ったら、現地でプリペイドのSIMを購入してセット(お店でしてもらう)。

東南アジアはこのプリペイドSIMカードが安いので、1ヶ月2,000円あれば十分。

 

その国に行く前に「タイ(国名) SIMカード」ってグーグルとかで検索したら

相場がわかるので、事前に確認しておけばもっと安心。

 

ただ、ヨーロッパを1ヶ月旅したときには、物価が高いのと、いろんな国をまわるので、

いちいちその国ごとにSIMカードを買ってられないなー、と思い、事前にアマゾンで購入

していきました。

 

↓そのときの投稿はこちらをどうぞ↓

ヨーロッパの旅にはThreeデータ通信専用プリペイドSIMが便利

 

電話は使えませんが、このカード本当に便利でトラブルなしでした。

海外で電話を使うことはあまりありませんでしたが、プリペイドSIMカードの場合、

電話番号が現地の電話番号に変更になるので、日本にいる家族には「日本で使ってた電話

番号にはかからないよー。」と伝えておきました。

ということで、連絡手段は全部メールで。

 

現地で必要な現金はどうする?

 

「両替する」

「現地のATMで引き出す」

「クレジットカードでキャッシングする」

 

といくつかの方法があると思いますが、手数料を安く抑えるためには

「クレジットカードでキャッシングして、繰上げ返済する」のが一番安いはず。

 

でも、これはミニマリズムな考え方をすると

「その浮いた金額と手間が釣り合うかどうか?」ということになります。

 

わたしの場合、キャッシングして、繰上げ返済する手間が

「なんとなくよくわかんないから、慣れると簡単なんだろうけど、なんか、早く返済しな

きゃみたいな気分を味わうのが苦痛」

という心理的ストレスになるので、あっさり「現地ATMで引き出す」を選びました。

 

そこで準備したのが新生銀行で発行されているプリペイドカードGAICA

このGAICAカードの口座に、いくらか入金しておいて、現地のATMで現金を引き出す。

手数料がかかるので、少額をちょこちょこではなく、その国で必要な金額をまとめて

引き出してました。

 

あとは、クレジットカードのように使えるので、ちょっとセキュリティー的に心配かな?

という感じのお店でカードを使いたいときには、他のクレジットカードではなく、

このGAICAカードを使っていました。もしカードをスキャンされたりして被害にあったと

しても、そんなに大きい金額をGAICA口座には入れないようにしておけば、安心かなと。

 

それから、日本円とアメリカドルを現金で少額持っていきました。

ATMで引き出せなかったときの緊急両替用として。

 

ちなみに、銀行口座とか、クレジットカードとか、お金に関する手続きはすべて退職前に

済ませておきましょう。無職になると「信用ゼロ」ですから(笑)

 

まとめ

 

振り返ると、ミニマリストになって海外ひとり旅するために、結構いろんなこと調べたり

して準備してたんだなーと。

 

やっぱり気になるのは「お金」のこと。

次回は「ミニマリストになって海外ひとり旅する場合のお金事情」です。

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.