個人セッションのお知らせ

スターシードの宇宙系田舎暮らし

ミニマリスト1ヶ月チェンマイ暮らし 美味しいパン屋はココ!

ミナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな鹿児島で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、鹿児島県薩摩地方でシンプルな暮らしを送りながら 外国人向けの民泊を始めました。 そして突然飛び込んできた「スターシード」という言葉。 2019年後半から「宇宙」に目覚めます。 これからは「スターシード」であることを自覚して 今まで以上に自由気ままに、生きていきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

ミニマリスト1ヶ月チェンマイ暮らし8日目。

すっかりこちらの空気に馴染んでます。

チェンマイは自分にとって、暮らしやすい場所だということがよくわかりました。

 

こんにちは、ミナです。

 

今回は、チェンマイでおすすめのパン屋さんの話です。

 

チェンマイのパン事情

 

チェンマイのパンと言うと、コンビニで売ってるあまーい感じの菓子パンとか

ショッピングセンターに入っているチェーン店のあまーい菓子パンがメイン。

 

地元の人たちは、食事としてパンと食べることは日常ではあまりないようで、

朝の屋台でも、パンを売ってるところは見たことがありません。

 

ということで、パン屋さん自体は数が少ない印象。

 

でも、外国人用として、高級スーパー内にヤマザキのパン屋さんが入っていたりする

ので、食パンとか、手に入れようと思えば可能です。

 

ここでは、日本にあるような「美味しいパン屋さん」は貴重な存在。

 

月に数回開かれている、オーガニックマーケットに行くと、美味しいパン屋さんの

ブースが出ていたりしますが、すぐに売り切れてたりするので、チェンマイで

美味しいパン屋さんを求めてる人はたくさんいるということですね。

 

チェンマイで美味しいパン屋さんはココ!

 

そんなチェンマイで、「あそこのパン屋さんは美味しいよ」とよく名前が挙がる

お店がこちらです。

 

 

BAAN BAKERY(バーンベーカリー)

 

ここは、タイ人と日本人カップルがオーナーさんのお店。

中にはカウンター席があり、外にはテーブル席もあるので、イートインができます。

 

 

開店時間は8:00-16:00 定休日は日曜

 

わたしが行ったのは、閉店ギリギリの15:30だったので、パンはほとんど売り切れ

でしたが、サンドイッチを食べることができました。

 

 

サンドイッチをオーダーするときは、英語と日本語のオーダーシートがあって

その紙に、バゲット・クロワッサン・食パンの中からパンを選びチェック。

 

メインの具材をどれにするか、中の野菜、マヨネーズやマスタードなど

サンドイッチの中身を自分で選ぶことができます。

 

 

今回はバゲットサンドにしてみました。

 

カリッカリ、サクサク、中はふわっとした、本当に美味しいバゲットでした。

 

パン以外の商品

 

それから、お店で売ってるこちらのピーナッツバター

 

 

オリジナルとチリ入りのものがあるのですが、知り合いのパキスタン人が

大絶賛しています。

 

ピーナッツバターという単語を聞くと、前のめりで

 

「オォーーー!あそこのチリピーナッツバターは最高に美味しい!バナナにつけて

食べると美味しいんだよぉ。」

 

とうっとりし始めます。

 

購入してみたので、食べたらご報告します。

 

所在地はこちら

 

場所は、チェンマイ旧市街地の南側です。

 

 

チェンマイで、美味しいパン屋さん。

BAAN BAKERY

おすすめです。

 

 

 

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな鹿児島で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、鹿児島県薩摩地方でシンプルな暮らしを送りながら 外国人向けの民泊を始めました。 そして突然飛び込んできた「スターシード」という言葉。 2019年後半から「宇宙」に目覚めます。 これからは「スターシード」であることを自覚して 今まで以上に自由気ままに、生きていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 想いのままに生きていく , 2018 All Rights Reserved.