想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

ブルージュでの出会い ミケランジェロとクラウディア

 
WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

ベルギー滞在も明日でおしまい。

最終日は、10歳と11歳の女の子からTic tocの熱血指導を受け、アカウントを取り、動画の

作り方説明を受けながら、最後はスマホの前で、2人に言われるがまま、くるりと回って

「ハイ、ポーズ!」(古いっ)とスローモーションビデオを撮って投稿してました。

よたつきながら。。。

Tictocのアカウントはyuchan1220です。ご興味ある方はご覧ください。

(コメントもお待ちしています)

 

 

「ご興味ある方って、いるんでしょうか?」

こんにちは。ミナです。

 

話が完全に逸れましたが、今日はベルギーで「街全体が美術館」と言われている街

ブルージュが素敵だったのでご紹介します。

 

ブルージュに1泊してきました

 

今お世話になっている友達の家からは電車で1時間くらいで行ける、ブルージュ。

近いところだけど、せっかくなので、どこかに1泊することにしました。

ひとり旅で、短期滞在の場合はいつもバックパッカーズ宿に泊まることにしています。

理由は

  1. 安いから
  2. やっぱり安いから
  3. 誰かに会える可能性が高いから

です。

 

便利なのでしょっちゅう使っているのはBooking.com

もう何回も使っているので「フリークエントトラベラー」(頻繁に旅する人)というランクに

なってます。お世話になってます。

 

そんなBooking.comを使って見つけた宿の「女性4人部屋、ベッド1台分」というドミトリー

ルームを予約して、電車でブルージュに向かいました。

 

駅から歩いて15分くらい。石畳の可愛い街並み。

グーグルマップにお世話になりながら、あっという間に今日の宿に到着。

3階の部屋まで階段上って部屋に入り、荷物を置いて、出かける準備をしていました。

 

ブルージュでの出会い その1

 

そこへ、今日のルームメイト1人が登場。

黒のパンツに、黒の革ジャン。下唇の真下や舌にもピアスが入ってる、パンクな感じの子。

「ハロー」と挨拶するわたしを見て、声をかけてくれました。

 

ニホンジンデスカ?」

 

まさかの日本語!!

それがクラウディアとの出会いでしたー。

 

彼女は、現在フランス在住のイタリア人。

数年前に日本に7ヶ月くらい住んでたことがあったとのこと。

イタリアで日本語と漫画を勉強してて、その後漫画家を目指して日本へ。でも、実際に日本へ

行ってみて、学校へ行き、日本で漫画の仕事をやるかどうか?って時になって、「やっぱり日本

で漫画家を目指すのはやめよう」と進路変更。

今は、フランスでこちらの漫画本作成スタッフとして、カラーリングなどを担当しながら、自宅

で自分の作品も制作しているらしい。全て自分で手がけた漫画本を出すのが目標。

 

日本語も英語もカタコトで、それでも一生懸命話をしてくれて、すぐに仲良くなることができ

ました。

 

そのときは挨拶だけだったけど、お互いに外出して、夜再び部屋で会ったとき、

「明日は何時にここを出ますか?」と

聞いてくれて、お互いに予定が空いていることがわかったので、翌朝は一緒にどこかで朝食を

食べることに。

 

翌朝、支度を済ませ、2人で出かけると、クラウディアが「昨日もそこで食べた」という

カフェへ。「メッチャ カワイイよ」って、クラウディア、これまたまさかの大阪弁(笑)

日本では大阪に住んでたんだってー。

 

クラウディアお薦めのカフェで、本当に美味しい朝食を食べることができました。

パンに塗るジャムの瓶が3つあったんだけど、ストロベリー、ルバーブ、チョコペースト、

全部美味しくて。。。他のテーブルには違う種類のジャムが置いてあって、それを見つけた

クラウディア、「あっちも食べたいから、交換しちゃおう」と遠く離れた別テーブルに、

ジャムの瓶持って交換しに行きました。

 

「ワタシ、イタリアジーン」って笑いながら。

 

めちゃくちゃ可愛いかった!!

 

教会の鐘が鳴って、2人でそれを聴きながら「すごく綺麗だね」ってコーヒー飲んで、昨日

初めて会ったのに、すごく心地良い時間を過ごすことができて、幸せでした。

 

ブルージュでの出会い その2

 

朝食を食べてから、クラウディアと一緒に行ったのがブルージュ聖母教会。

ここにあったのが、「ミケランジェロの聖母子像」でした。

ミケランジェロの作品を見たのは初めてでした。

クラウディアが、「イタリアにはもっと大きいのがあるから、それすごく綺麗だよ」って

言ってました。いつか行きたい。

 

わたしはアートの才能がある人をすごく尊敬しています。

表現する力の素晴らしさに感動します。

 

こんなに暖かい、光に溢れる作品を作ることができるなんて。。。

ミケランジェロって、凄い。

彫像が出している、その圧倒的存在感に感動しました。

 

ブルージュでこんなに感動する出会いが貰えるとは。

来てよかった。

 

ベルギーチョコレートも食べました

 

ブルージュの街には、チョコレート屋さんがあちこちにありました。

眺めていたら、食べたくなって、ふらふらっとお店の中へ。

お店の女性に「お薦めはどれですか?」と聞いたら、「私が一番好きなのはこれ!」って

即答されたので、それを1個と、レモンクリーム、ミルク、キャラメルを1個ずつ。

たくさんありすぎて、迷いました。。。

小さな袋に入れてもらって、道端に座るとこ見つけて、さっそく食べてみました。

お姉さんお薦めのチョコレートが、意外にもサクサク食感で、一番美味しかったです。

 

旅での出会いについて

 

今回ブルージュで出会ったクラウディアとは、言葉の壁がありながら、いろんな話をすることが

できました。お互いの価値観が似ていることがわかったので、多くを語らなくても、伝わった

気がします。お互いに、交わした言葉は少なかったのに、たくさん会話したような感覚。

 

価値観のようなものが似ているだけで、何も話をしないで一緒にいるだけで、こんなに楽で

楽しいなんて、少し不思議なくらいでした。

 

一番好きだったのは、歩く速度。

観光客が行き交う街並みの中を、ゆっくりスローモーションのように歩くクラウディアとの

散歩は本当に心地よい時間でした。

 

別れ際、「一緒に過ごせた時間は、とてもprecious(プレシャス)だった」と言ってくれて、

わたしも同じ気持ちだったので、すごくすごく嬉しかったです。

 

こういう出会いがもらえたことに、ありがたいなーと思い、ヨーロッパ来てみて本当に良かった

なぁ。。。としみじみ思った時間でした。

 

ブルージュに来て良かった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2018 All Rights Reserved.