スターシードの宇宙系田舎暮らし

宇宙系田舎暮らし始めました

ミナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな鹿児島で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、鹿児島県薩摩地方でシンプルな暮らしを送りながら 外国人向けの民泊を始めました。 そして突然飛び込んできた「スターシード」という言葉。 2019年後半から「宇宙」に目覚めます。 これからは「スターシード」であることを自覚して 今まで以上に自由気ままに、生きていきます。
詳しいプロフィールはこちら

2020年が始まりました

 

こんにちは、ミナです。

2020年が始まったので、ブログも再開することにしました。

 

2019年はほとんどブログを書いていなかったのですが、

いろんなことがありました。

 

  1. 素敵な古民家との出会い
  2. 古民家リフォームの日々
  3. 引っ越し→田舎暮らしスタート
  4. 古民家での民泊準備スタート
  5. 外国人向け民泊がスタート
  6. 夏の鹿児島豪雨による被災
  7. 雨の中、子猫を保護→猫を飼い始めました
  8. 復旧して、初ゲストが宿泊
  9. 「宇宙」「スターシード」にどハマり

 

ざっくり書くとこんな感じでした。

 

ということで、2020年は「宇宙系田舎暮らし」の幕開けです(笑)

仔猫との出会い

 

そもそものきっかけは、仔猫との出会いでした。

 

7月の豪雨で土砂崩れした裏山。

わたしも家も無事でしたが、車庫に停めていた車はタイヤ半分まで

土砂で埋まってしまいました。

 

↓こんなんなってました↓

 

 

とりあえず、雨が収まるまでは実家で過ごす日々。

 

そして数日後、お天気が回復したのを見計らって愛車救出へ向かいました。

 

スコップでタイヤの周りの土砂をかき出すと、無事に車を救出

そのまま運転して実家へ。

 

その途中、国道を走っていると、珍しく渋滞。

「何か事故でもあったのかなー?」とノロノロ運転で進んで行くと

前の車たちが道路脇を大きく避けるようにして進んでいきます。

 

わたしも同じように進みながら、道路脇をよく見ると、

雨の中、小さなかたまりがゴショゴショ動いてるのが見えました。

 

「子猫!?」

 

 

ということで、少し先の道路脇に車を停めて戻ってみると

びしょびしょに濡れた仔猫が必死の形相で壁をよじ登ろうと

もがいては落ち、もがいては落ちしていました。

 

このままだと命が危ないので、わたしはその仔猫を車に乗せて

バイト先の動物病院に連れていきました。

診てもらうと右前脚が骨折していることもわかりました。

 

命が助かって、骨折が回復したら里親さんを探してもらうことにして

わたしはこの仔猫を保護することにしました。

 

これが、ミーシャとの出会いです。

 

結局里親さんは見つからず(てか、さっさと「ミーシャ」って

名前までつけちゃった段階で、周りの人たちは「自分で飼うでしょ」

と確信してたらしいです(笑))

ミーシャはうちの猫になりました。

骨折した前脚は手術せず、自然治癒で様子を見ることになり

多少引きずることはありますが、生活に全く支障ないほどに回復しました。

 

ニャンコ先生、ミーシャの教え

 

7月の雨もおさまり、8月になって、わたしはまた古民家での田舎暮らし

を再開しました。それでも、民泊をスタートするにはちょっと気分が

乗らない。

 

「せっかく始めたけど、これからどうしようかなぁ。。。」

 

と思いながらユーチューブ動画をだらだら観る日々でした。

 

そんなある日、ふと目の前で、昼寝しながら畳の上を気持ち良さそうに

ゴロゴロ転がっているミーシャを見て気づいたことがありました。

 

「この子、なーんも考えてなくて、毎日ゴロゴロしてるけど

なんだかすごーく幸せそうだなー。」

 

そしてふと、その姿に自分を重ねてみたのです。

 

同じようにだらだら過ごしているように見えるわたしの姿には

 

「今後を想像してなんとなく感じる不安や、これまでやってきた

ことが無駄になった?というガッカリ感」が乗っかっていることが

わかりました。

 

ミーシャは「いまこの瞬間に生きて」いて

 

わたしは「勝手に想像した(事実ではない)未来や、過去に生きて」いる。

 

「あらー、自分で気づかないうちに「自分で作り上げた幻想の世界」

に入り込んでたのねー。」と気づかせてもらいました。

 

それからのわたしは「目の前のニャンコ先生に学ぼう」と、

バイトがない日は、好きなものを食べ、好きな動画を観て、

眠くなったらゴロゴロ昼寝、

とにかく自分が「この瞬間、満たされていて、幸せであること」

を感じるまで、思う存分自分を甘やかし始めました。

 

 

スターシードと宇宙

 

そんな日々を送っていると、毎日のように観ているユーチューブの

関連動画に「スターシード」とか「宇宙」、「バシャール」や

「引き寄せの法則」などのタイトルが目につくようになってきます。

 

これまで「スピリチュアル」には興味があったけど、「宇宙」関係は

全く興味なかったわたし。

でも、なんとなく気になって、出てくる関連動画を見るようになります。

 

すると「あー!わかるっ!その感じ!」とやけに納得する話が多い。

 

「これは、もしかして。実はわたし、スターシードってこと

なんじゃないの?」と気づいた瞬間、なんだかとても嬉しくなって

ワクワクが止まらなくなりました。

 

 

宇宙系田舎暮らしを始めました

 

都会から田舎へ移住して、田舎暮らしを始める。

 

そういう人が増えています。

 

わたしも、いろんな体験を経て、とにかく自由にのびのびと

好きなことをして生きていますが、これからは

 

もっとゆるく生きていきます。。。(笑)

 

みんなそれぞれが地球を選んで生まれてきて、

もうここに存在しているだけで、十分カンペキ!

 

好きなことして、あーだこーだ言いながら、毎日楽しめばいい。

 

そんなことを本気で思っています。

 

2020年も面白い1年になりそうです。

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな鹿児島で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、鹿児島県薩摩地方でシンプルな暮らしを送りながら 外国人向けの民泊を始めました。 そして突然飛び込んできた「スターシード」という言葉。 2019年後半から「宇宙」に目覚めます。 これからは「スターシード」であることを自覚して 今まで以上に自由気ままに、生きていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 想いのままに生きていく , 2020 All Rights Reserved.