想いのままに生きる

旅するように暮らす LIFE!

カテゴリー

いのち

 
  2018/01/07
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら

学生時代、サークル活動で熱気球をやっていた。

大きなバスケットに、シリンダー、畳んだ球皮をワゴン車に乗せて

ワイワイしながら、東京から栃木県の渡良瀬遊水池へ行く。

週末の朝、眠い目をこすりながら、朝日と共にフライト。

 

日本各地で行われるバルーンフェスティバルには、寝袋を持って

公民館に泊まったりしながら参加した。

 

寝食を共にしながら、仲間たちと過ごす時間はとても楽しかった。

 

大学を卒業してから20数年。

なんとなく、サークル仲間とは疎遠になっていた。

 

 

そんな中、仲間の一人が先日病気で亡くなったことを知った。

 

いつも食欲旺盛で、ニコニコしている彼の笑顔が浮かんだ。

 

私は、「幸せ」と「人生の長さ」は全く関係ないと思っている。

 

だから、やっぱりショックで悲しいけれど、○○ちゃんが立派に全うした人生を

「よかったね!!」と思う。

 

そして、ほんの少しの間だけど、共に過ごせたときを、

彼の操縦する気球に乗せてもらって、一緒に綺麗な空を飛んだこととか、

九州の大会へ行って、私の母を乗せてフライトしてくれたこととか、

いっぱい思い出して、

「あのとき、すごく楽しかったよぉー!!ありがとう!!」

という気持ちが溢れてきて、暖かくなる。

 

いまこの瞬間も、○○ちゃんのニコニコした笑顔と

「いのち」の存在がしっかり伝わってくる。

 

でも、やっぱり、直接会って話したりできる方がもっと嬉しい。

 

「会いたい人に、会いたいときに会う」

 

ことの大切さを、こうやって、「いのち」をかけて、教えてもらってる気がする。

この記事を書いている人 - WRITER -
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© 旅するように暮らす LIFE! , 2017 All Rights Reserved.