ものを所有するということ

ミナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな薩摩の田舎で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、薩摩でのシンプルな暮らしを綴りたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

数年前から、「ミニマリスト」ということばを聞くようになり、

わたしもその価値観に共感することが多くなった。

「ものを減らすこと」という意味ではなく、

「自分にとって必要なものを見極めて、大事なものを大切にする生き方」は

とても素敵だと思う。

 

そうやって暮らし始めると、「ものを所有することの基準」がとてもシンプルに

なり、どんどん楽になる。

 

「いまの私に必要なもの」が明確になり、私が所有する持ち物は

段ボール箱5箱分になった。

 

そしてなぜか、びっくりするほどの開放感を感じた。。。

 

ものと一緒に所有していた「なにか」も手放したんだろうな、と思った。







この記事を書いている人 - WRITER -
ミナ
ミナです。 やりたいことが見つかると、やらずにいられない性格。 これからはもっと素直に、もっと自分の想いのままに生きたいと思い、 長年暮らしていた東京を離れ、2017年12月から故郷鹿児島で暮らしています。 2018年1月10日に日本を出て、特に予定を決めず、 海外の行きたい国をしばらくぶらぶらする旅に出ました。 2018年11月に帰国後、「旅で出会った人たちに、鹿児島に来てもらいたい」と いう想いになり、拠点を探し始めます。 そして、自然豊かな薩摩の田舎で、素敵な場所に出会いました。 2019年は、薩摩でのシンプルな暮らしを綴りたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.